合板や木質素材の加工承ります。
木質素材はその容易な加工性が魅力の一つです。
ジャストフィットな家具や仕切り、簡単な小屋まで、
用途は多彩です。
木質素材の加工方法の一例をご紹介します。


カット 合板や木材を指定の大きさに切断。
鋸目に3mm程度必要です
(寸法を取るときには鋸目も計算に入れてください)。
直線のほか、円形や指定の形を抜く(または残す)こともできます。
イラストから図面にすることもできますのでご相談ください。
有孔 主に合板に孔を開けます。
ホームセンターなどに売られている有孔ボード用の金具に合うサイズは、
主に、5mmの孔、孔の芯と芯の間隔(ピッチ)は25mmです。
その他のサイズ(φ6-30など)も製作可能です。
1cmくらいの孔に丸棒を挿して壁面収納にしたりもできます。
できないサイズもあるのでご相談ください。
面取り(めんとり) 板面の角を削って滑らかにします。
テーブルの天板や棚の角など。
小口テープ貼り ランバーコア材の小口(側面)にテープを貼ります。
見た目がかわいくなります。